函館自由市場協同組合
  • 住所
    函館市新川町1-2
  • 電話
    0138-27-2200
  • FAX
    0138-22-3511
  • Email
    jiyitiba@crocus.ocn.ne.jp
  • 営業時間
    AM8:00〜PM5:30
    (店舗により異なります)
  • 定休日
    毎週日曜日
  • アクセスマップ

    大きな地図で見る
  • 駐車場
    40台分あり
毎月8日と18日は「自由市場の日」全店 特売の品を取り揃えてお待ちしています。※8・18日が日曜日の場合は前日となります。

2021年4月19日

本日のおすすめ

おはようございます♪

今日は『地図の日』です。

伊能忠敬が1800年4月19日に

国土測量のため蝦夷地を目指して

江戸を出発した日との事!

当時56歳と言う年齢で測量を

始めたそうで先ずはその事に驚きです❗️

今の時代でもこの年齢で何かを始めるのは

勇気も気力も必要でついつい

諦めと言い訳が先に来てしまいます苦笑

『遅いはない』を見習って

チャレンジしたいですね〜

今日も自由市場元気力いっぱいで営業中〜

066AB858-9E24-4922-9798-F9D935E7D745

DFFF9DB1-154A-4E6E-B75C-0CCFB382C56F

10A5A819-DB6A-4417-9FAD-6E77BF72AD55

DC3A31D7-0C4D-4ECE-88E1-E22D7163843B

 

 

 

coffeeマルシェ

9B44F127-344C-4D60-B039-83166996FA2D

4AF36563-9EBC-49EB-AFA4-C6D7659FC14A

A6D48E5B-96D5-48F0-8847-91487ECFE991

BE1DC538-BAC4-4BC5-97F3-442C68EEEC30

 

 

 

 

麺屋いなせ

4E930868-287B-4A27-844F-3B496CC0D0D9

E8BE3324-FCA2-4F4A-B042-5E4D02FF3651

D825BBBB-12CD-4592-BD0A-7D273D9AB872

 

 

自由市場の歴史は、戦後の歴史

 函館自由市場がこの地に産声をあげたたのは、終戦を迎えた昭和20年の夏。
今のグリーンプラザ付近に渡島・桧山管内、また遠くは青森からもヤミ米・野菜・魚などが運び込まれ、自然発生的に青空市場で取引が始まり、ヤミ市は飢える市民に無くてはならない存在になりました。
この愛称「ヤミ市場」が、“自由市場”の起源です。昭和26年、現在地に市場を建設。まさに自由市場の歴史は戦後復興の歴史でもあります。
 しかし、この建物は平成7年12月31日、大晦日未明に総てを焼失。
失意のうちに新年を迎えましたが、組合員の再建へのひた向きな努力と熱意、特に行政のご指導、市民の皆様や全国各界の方々からの心温まるご支援と励ましをいただき平成8年8月8日、新生はこだて自由市場として新築オープンいたしました。
 市民はもとより、板前さんや寿司職人さんなど、プロが利用する市場として発展してきた自由市場。新鮮な山海の幸を豊富に取りそろえ、より一層のサービス向上に努めております。

はこだて自由市場 店内案内図 和田商店 辻商店 新巻のたかはし 長谷商店 鈴木商店 COFFEEマルシェ 佐藤商店 菊地商店 前鮮魚店 中宮青果店 中宮青果店 高川商店 中梶鮮魚店 杉山商店 高松商店 本間鮮魚店 水戸部商店 市場亭 どい生花店 中村鮮魚店 やな商店